老化防止スイッチを入れるサーチュイン遺伝子

トップページ > 老化防止スイッチを入れるサーチュイン遺伝子

老化防止スイッチを入れるサーチュイン遺伝子

生物なら誰もが身体の中に持っている老化防止・長寿の元であるサーチュイン遺伝子は、普段は眠ったままの状態です。サーチュイン遺伝子を働かせるためにはまずはスイッチを入れる必要があるのです。

 

スイッチを入れる方法

 

スイッチを入れるためには普通の生活を送っているだけではダメで、正しい方法によって簡単にスイッチを入れることができるようになります。その方法というのは、食事量を60%に抑えること。

 

60%に抑えた食事を毎日続けることで、サーチュイン遺伝子のスイッチが入って活性化させることができます。60%に抑えると言われても、実際に行ってみるとわかりますがなかなか難しいものではあります。

 

カロリーを抑えた食事を続けることはなんとかなるかもしれません。しかしカロリーだけでなくビタミンやミネラルはしっかりと摂る必要がありますので気を付けなければなりません。

 

さらに毎日続けなければならないので、一回でもカロリーが多くなったりしてしまいますと、サーチュイン遺伝子の働きは止まってしまいますので、食事制限によってスイッチを入れることは並大抵の努力が必要だと言えるでしょう。

 

レスベラトロールを摂れば簡単にスイッチを入れられる

 

サーチュイン遺伝子のスイッチを簡単に入れることはできないのでしょうか。研究を進めることによって、レスベラトロールという物質を摂ることでサーチュイン遺伝子を活性化させることができるということがわかりました。

 

現実的に難しい食事制限をすることもなく、簡単に活性化させることができるので、高い注目を集めています。