サーチュイン遺伝子活性化でダイエット☆

トップページ > サーチュイン遺伝子活性化でダイエット☆

サーチュイン遺伝子活性化でダイエット☆

若返りを促進させる、寿命を延ばすとして知られているサーチュイン遺伝子を働かせるようにするためにはスイッチを入れなければなりません。そのスイッチを入れる方法というのが、成人の場合は一日の必要摂取量の20〜30%を減らすというもの。

 

サーチュイン遺伝子のスイッチが入るまでの日数

 

カロリー制限をした食事を続けることで、すぐにスイッチが入ってサーチュイン遺伝子が活性化するのかと勘違いする人もいるようですが、食事制限をしてすぐに活性化するというわけではないので注意が必要です。

 

20〜30%減らした食事を続けると、スイッチが入るまでには早い人でも2週間かかるとされています。遅い人の場合は7週間もかかってしまうようです。これは体質やそれまでの食生活など、個人差が出てしまうのではっきりとは言えないようです。

 

ダイエットのためでもあり、長生きするためでもある

 

サーチュイン遺伝子を働かせるために食事制限を続けることで、若返りや長寿を手に入れることができますが、必然的にダイエットにもつながることは確実です。

 

普段の生活を続けているだけでも、カロリー制限をすることによって体重減、もしくは痩せやすい身体を作ることができるようになるのです。

 

痩せたいけど運動は嫌。運動したくない場合のダイエット方法と言うとカロリーを減らすことが大切ですが、ダイエットのための食事制限だと考えるとつらくて続かないって人もいるでしょう。長生きするための食事制限だと考え方を変えてみるのも良いかもしれません。