鉄分の摂取目安量は?

トップページ > 鉄分の摂取目安量は?

鉄分の摂取目安量は?

鉄分というのは、毎日どれくらい摂取するべきなのかというのは、年齢や性別によって異なっています。人間の体の中に存在している鉄分というのは、その65%は、ヘモグロビンの原料として使われています。ヘモグロビンは赤血球の中に存在しており、肺によって取り込まれた酸素を全身に送るために必要な存在になっています。

 

ですので、鉄分不足になってしまうと、ヘモグロビンを作ることができなくなってしまい、最終的に鉄欠乏性貧血の症状が出てしまいます

 

人間の体は鉄分を合成させることができないですし、ヘモグロビンの原料や肝臓での解毒で使われていますから、しっかり摂取しておかなくては鉄分が無くなってしまいます。ですので、普段の食事などからしっかり鉄分を補給しなくてはなりません。

 

一日あたりどれくらいの鉄分を補給する必要があるのかをご紹介します。

 

・15歳から18歳
男性の場合で11r、女性は9r

 

・19歳から50歳
男性は8r、女性は11r

 

・51歳以上
男女ともに8r

 

男性の場合は18歳から70歳までは一日に6rから6.5r程度は鉄分を摂取する必要があります。特に15歳から18歳というのは、ちょうど成長期になっていて、体が成長しやすいですから、最低でも7rは摂取しておく必要があります。

 

女性の場合は、月経があることから、男性よりも鉄分を多く摂取しなくてはなりません。15歳から50歳の女性の場合は、最低でも8.5rは鉄分を摂取するようにしてください。可能であれば、11r前後摂取するのが望ましいでしょう。

 

そして妊娠後期や授乳をしている時はさらに鉄分が必要になりますから、1日当たり20rほどの鉄分を摂取しましょう。

 

女性で鉄欠乏性貧血になっている人が多いのですが、月経で鉄分が失われてしまったり、鉄分が吸収されにくくなってしまっていることが原因であることが多いです。鉄欠乏性貧血になっているのであれば、鉄分を補うために、サプリメントや鉄剤を服用にしましょう

 

また、鉄分のサプリメントの場合、過剰摂取してしまいやすいですので、用法と用量を必ず確認をして、過剰摂取しないようにしてください。