坐骨神経痛の診断と治療方法のパターン

トップページ > 坐骨神経痛の診断と治療方法のパターン

坐骨神経痛の診断と治療方法のパターン

腰の痛みや下肢のしびれを診てみらいに病院へ行った場合には、様々な検査を経て慎重な診察を受けることになります。

 

特に、坐骨神経痛が疑われる場合、原因となる病気の特定が治療のポイントです。診察では、坐骨神経の障害と椎間板ヘルニアの確認をするために、ラセーグテストと呼ばれるチェックを行います。横になって膝を伸ばしたところへ、医師が脚を持ち上げて行う診察です。

 

どのくらいの角度まで脚が上がるかを診たり、上がる角度によって出る痛みの場所や強度を診ます。細かい問診も行われるため、よく思い出してていねいに答えるようにする必要があります。

 

診察の前後には、次のような検査を行います。

 

・脊椎のレントゲン検査…CTやMRIによる画像診断も含めて、脊椎が変化・変形していないかをチェックします。

 

・筋電図・末梢神経伝達度測定…末梢神経の伝達機能をチェックします。

 

・血液検査・尿検査…糖尿病などの病気がないか、チェックします。

 

・RI検査(シンチグラフィ)…腫瘍による坐骨神経痛が疑われる場合に、アイソトープでの検査が行われることがあります。

 

・骨密度検査…骨粗しょう症ではないかをチェックします。坐骨神経痛の治療では、次のようなことを柱にしています。

 

・薬物療法…鎮痛剤、抗炎症剤、消炎剤などを処方して、痛みやしびれを和らげようとします。

 

・神経ブロック…薬の服用ではおさまらなかった場合に、行われます。

 

・温熱療法…筋肉や骨、腫瘍などにより、坐骨神経が圧迫されて坐骨神経痛が起こっていると考えられるときに行われます。筋肉をほぐして、血行を改善するのが目的です。